地域ごとに表れる長所と短所

太陽光発電システムを初めとした再生可能エネルギーを利用した発電システムは非常に地球環境に優しく、燃料なども必要としないことから多くの国で利用されています。日本の場合は一般家庭向けの太陽光発電システムの普及に力を入れており、多くの人がソーラーパネルを住宅に取り付けている光景を目にする事が出来ます。

そんな太陽光発電システムには色々な嘲笑がありますが、それと共に短所も多く存在するので、それらをある程度把握した上で太陽光発電システムを導入するようにしましょう。

太陽光発電システムの長所はなんと言っても太陽光を利用して発電する事が出来るという点にありますが、それがある意味では短所に繋がるといって良いでしょう。

太陽光発電は周辺の環境によって発電量が大きく減少するという短所があり、日照時間が短い地域はそうでないところよりも明らかに年間発電量が減少していますし、平均気温が高い地域だとソーラーパネルの性能が低下して発電効率が減少してしまいます。

これから太陽光発電システムを導入するという方は住んでいる地域の環境を把握してその環境に合った性能を持っている発電システムを導入するようにしないと効率よく発電する事が出来ない可能性があります。